パワースポット 宮古島 石庭(いしにわ)
Worldwide only power spot

元気になられた新城定吉さん(^^)

今回の宮古島ツアーは歓びと感動の連続ですが、もっとも私がうれしく感動したのは、石庭の持ち主である新城定吉さんが元気になられたことです!!!(^^)!!!

昨年10月にお会いした時は本当に気力が下がっていたので「100才まで生きて下さい!」とご本人に伝えて、神々にも命を繋ぐ祈りをしたほど弱っておられましたが、今回は、まったく違ってお元気になられていました。

新城さんに会う前に、石庭全体の波動を感じてみると昨年とは違って精気が蘇っていることを感じていましたが、御本人を見た時に思わず両手で握手をしたほど、私はうれしくなってしまいました。


新城さんも、「どうですか?今の庭は?」と聞かれましたので、「私は石庭の波動は新城さんそのものと連動していると感じています。だから昨年はとても静かで精気がなかったのですが、今、回ってきて石庭全体が元気になっていることを感じたからこそ、お元気な新城さんにお会いできて本当にうれしく思います。」と伝えました。

そうかそうか、うなずきながら、「今は何をしているのか?」と私の神業について質問されたので、「人格神と自然神の神業はこの12年間で全て終わったようで、今は、新しい時代の宇宙神の柱を全国に繋ぎ立てて日本国から地球全体、そして、宇宙全体へ新しい愛の発信をする仕事が始まっています。」とお伝えしました。

そうかそうか、そういう段階に来たのかと感慨深げに感じて下さったあと、「学さんも、頑張って下さい!」と私の思いを全て感じて下さり、神業の厳しさをよくご存知だからこそ、励ましの言葉を下さいました。

2004年に初めて宮古島を訪れた目的がこの石庭だったからこそ、家の畑からスウッと出て来て「お前の探している答えはこの石庭のサークルで瞑想することで答えが得られるだろう。」と言って下さったのが新城定吉さんご本人でした。

その時、マスターも教えてくれなかった地球で起きたアトランティスとムー大陸の出来事の意味についても全て答えてくれたのが「太陽のサークル」でした。12年目を迎えた私は今回、久しぶりに太陽のサークルで瞑想して、多くの言葉と共に今後の道を教わりました。

この石庭の波動はあらゆる神がかりを整える大きな力もありますが、それはこの場所の石を一人で掘り起こした新城定吉さんの神力でもありますし、新城定吉さんは神と一体になった生き方をされているからこそ、私は新城さんとお話しする時は常に、神と対話している気持ちでお話しさせてもらっています。

私も神業の時には同じようになるからこそ、人間として失礼な言い方の時もありますし、周りの人に理解されないことはたくさんありますが、神の意思を伝える役目をしている人の気持ちはよくわかります。

人間としての自分と神の思いのバランスをどう取るのかはその人の胆力によると思いますし、胆力を磨くには行動しかないと思います。

30年間以上、「一人でこの石庭の岩を自分が堀り起こせ!」と、もし言われたらあなたはできますか?

一旦、神に言われたことは決して逃げられない苦しい日々を毎日24時間経験した人にしかわからないことだからこそ、同じ道を先に歩いた素晴らしい人に出会えたことを本当にうれしく思いました。

私は神の道を歩くことを選んだ人間として、これほど素敵で魅力的な人間にあったことがなかったからこそ、本当に新城定吉さんに出会えたことで自分も救われました。

その人にしかできない役目を与えられた人間は、一生、人生をかけて神に向き合うことをしなければいけないからこそ、私は現実と神業のバランスを上手に取って生きることをもっとも大事に皆さんへ伝えています。

神業は、決して、人間として目指す道ではないと思っているからこそ、選ばれた人は必ず、やり抜かなければいけない人生になりますので、他人に歓ばれる結果になることを新城さんは行動で教えてくれています。

私も命がある限り神の役目が無くなる事はないと思って覚悟していますので、常に、自分を見定めるためにも元気な新城定吉さんにお会いしてお話しすることが最大の歓びになっています。

12年ぶりに「太陽のサークル」で対話した記録をココに掲載しておきます。

今年で12年目になります、通わせて頂いてありがとうございます。ここでの気づきがとても大切な時間になりました、ありがとうございます。また、これから新しく始まる時代の為に、必要な事があれば気づかせて下さい。よろしくお願い致します。


宇天(うてぃん)を見ろ、空を見ろ、宇宙の果てにたくさんの星があるように、人もそれぞれ 意識体もそれぞれ、エネルギー体もそれぞれ 星も様々な思いを持って存在している。


その事がわかれば天体の理屈、つまりこの地球の生命体・意識体・エネルギー体と連動しているからこそ、その意味を理解し、その芯となる核となる中心なる思いさえも、この様々な複雑な思いの1つ1つにも繋がっているからこそ、純粋でうぶな核の中にいる存在の意識体とは全く別な多種多様な意識体となっている事が現在の状態でありまするが、それも仕方が無いというよりは進化の過程というべきでしょうか。


これからどの様な形の進化を人間が遂げるのか、私達も見守っております。


そしてあなたが望むものや、あなたの周りにいる方達が望むものがどのような地球を描き、そしてどのような星を描き、どのような宇宙のバランス全体を描くのかによるのではないでしょうか。


スピードは私達にお任せ下さい、全てのコントロール・采配は致しまするが、人の心の中にある闇も光りも、そして自分以外の外に見えるものも内の中に映るものも、それはただの囚われの一面だからこそ、本当に心の底から自分がどうなりたいかを純粋に思えばその純粋の芯なるものが全てのエネルギーとなり、そのことにおいて引き寄せた反発が起きるからこそ、この世はあなた達自身の、思いの反発と引き寄せの連続なのだということをわかっておいて下さい。


そして、星達同士も同じなのです。常に反発と引き寄せを繰り返しているからこそ、そのエネルギーの均衡が保たれていれば循環し、1つのサイクルで回転したりしますが、止まってしまえばそのエネルギーは無くなり、星であろうが人体 生命であろうが動きが止まれば全てが消滅し、物質としての意味さえ無くなってしまうことでしょう。


それは崩壊する道とも言えまするが、あなた達にはそのエネルギー以上に、宇宙の摂理以上に、大きな大きな意味で「創造力」があるからこそ、その動きがあるうちに生きているうちに考えることができるうちに、心を豊かにできるうちに、人のことを思いやれるうちに多くのことを学び気づき、自ら自身が自らを光りと愛にすることが最も早い方法であり、それが同時に引き寄せと反発がただ起きるのだということを理解しておけば、それほど起きることに囚われることは無いでしょう。


あなたが自分の思い通りにならない時があったとしても、それはただそういう時期なのだと思えばよいだけなのです。


反発をする時期があるからこそ、引き寄せがあるのです。この引き寄せが強すぎれば愛する同士も信頼する同士も反発するのと同じように、全ては引き寄せと反発のエネルギーで生命が生まれているのです。


そして思いがその全てのエネルギー源だからこそ、私たちはあなた達の意識を、思うということを多少はコントロールさせて頂いておりまするが、しかしながらあなた方が持ってきた「個」、「過去の囚われ」、「過去の記憶」そのすべてのものの集積によって何を選択するか、その自由な部分は認めているからこそ、どの経験をどの意味にし、どの喜びを選ぶかは全てあなた達の采配となっております。


ただその僅かな部分 、私たちが意識に連動し思わせ夢を見させ、人の身体を借り口を借り言葉を発する時があるだけなのです。


あなたがあなたを100%コントロールすることは無理だと思って下さい。


しかしながら、100%コントロールされることもないということをわかっておいて下さい。


あなたには少なくとも30%程強い自分という意志がありまするが、その残りの70%はわたくし達が繋がりの証として、その経験をさせているのだからこそ、感情的にならずにその瞬間 瞬間を捉えるのではなく、大きな物事と摂理の中で、今それを体験させて頂いているだけなのだと思えば、苦しい時も悲しい時も楽しい時も嫌な時もただの経験なのだと思えますし、その意味を前に進むことを前提に考えれば良い経験であったと言えるのではないでしょうか。


あなたがあなたのことを誰かのことを、またその価値をどう判断するかが問題ではないのです。


あなたがそのことをどう思うかだけ、それが今思うことなのか、3年後に思うことなのか、10年後 死ぬ時に思うことなのかによって意味がかわるだけなのです。


つまりあなたは思うことが、思わされることが、その全てが、この人生の経験を作り出している力の根源であると知るならば、自らがすることはたった1つ、自分の思いのコントロールだけではないでしょうか?


誰かや何かや囚われの思い、過去、そこを見ていても何もないのですよ。


あなたが今思うこと、そのことをどうするかはあなたが最も神よりも強く、自分の思いを動かすことができる存在であるということを正しく理解して下さいませ。


そしてその意志を明確にするならば、必ずやあなたが願う道へ向かって行けるように、わたくし達がサポートしますので、どうぞあなたをサポートして下さる人 見えない存在達、神、先祖 宇宙、その全てを信じて受け入れて下さいませ。


あなたが肉体を離れればわたくし達と同じところにやって来るだけなのです。


ただ選ばれし者として肉体を持ち地球に生まれたあなたは、この肉体を持つ時間の中でどれほど多くの、どれほど大切なことを成し得なければいけないのかを自分で気づくこと、そして気づいたことを希望にすること、希望の為の道を歩むことができれば、あなたはいつ死んでもまたいくつまで生きたとしても、その意味は永遠に価値のあるものとなりましょう。


あなたがあなたである証は、あなたではない人達による「1、価値、意味」なのだからこそ、まず自分がその1の意味を愛し信じ認めさえすれば、残りの99はその意味と役割を達成させ、完成させる為に働くのだということまでご理解下さいませ。


わたくし達宇宙に繋がる存在達は、何もあなた達に手出しをすることはありませぬが、あなた達1人1人の魂の経験や記憶や感情や関わってきた星の意味や周波数、その全てが違うからこそ色んな役目を演じて下さいます。


その役目を周りの言葉に囚われるのではなく、自らを信じそしてその変わりゆく人の姿 思いさえも許し、そして自分も無限に変化していくのだということを認め 許し 受け入れ 、この人生が最も喜びであると感謝に溢るる 涙溢るる、肉体の喜びと魂の喜びと繋がりの記憶のある全ての存在達に心 ・手合わすあなたの一心のその光りこそが、わたくし達が最も嬉しいことでありまするし、そして願いでもありまする。


心の中に神がいるのではなくあなたが神なのですから、神が心・ 手合わせればそれは神の創造する力の根源神、根源力となるのです、だから祈りは自らの力を多くの人に委ね与え導き繋がる為の方法だからこそ、祈ることが特別なことではなく本来自分を信じる為の最も大切な方法であるということも学んでおいて下さいませ。


これから多くの星達がその記憶を目覚めさせることが多くなるでしょうからたくさんの情報も出るかも知れませぬが、それは片時も離れぬ昔の故郷の思い出を語っているようなものですから、そこから大切なことを学べばすぐに前へ進むことを意識して下さい。


人もどの魂も過去を思い出せば過去に時間が戻りまするし、未来を創造すればもう意識は未来に行っております、ただ時間という物差しがあなたがたにとってはとても長く感じるようですが、わたくし達から見ればほんの一瞬の出来事でこざいます。


だからこそ一瞬一瞬を大切にしその心を1つの灯りとしてこれからの道を進む中で、自らが自らを導く光りの灯火として、心の中に手を合わせた時に灯火が自分の未来を照らすものだということをイメージしながら、導き出会う人 物 情報 タイミング 場所その全てが与えられているものだということを理解して下さいませ。


時に寄り道も楽しいでしょう、時に脱線もするかも知れませぬがそれもまた面白いものですよ。


人生はどのように経験してもあなた達の選択なのですから、わたくし達は一切そのことを咎めることは致しません。


ただ真っ直ぐ進みたい人達にとって大切なことを教え気づくことが導くことができるだけなのです。だから心を真っ直ぐに素直に光りのままにして下さいませ。


どうぞこれからもいつまでも心と身体が繋がる時にはわたくし達のことを思い出して頂いて、この場所のエネルギーと共に全てが感謝と喜びになるようお過ごし下さい、いつも見守っておりまする。


私は地球を愛します、人を愛します、自分を愛します、その全てを愛します、ありがとうございます。


別れ際に新城さんが、「また、お会いできる日を楽しみにしています」と強い握手をしながらかけてくれた言葉に、魂が震えました。次回、お会いするまでにやりきったことをご報告ができるのを楽しみに日々、精進させて頂きます。

最後になりますが、新城定吉さんのサポートをしていた女性が変わりました。新しい方は7冊目の本を編集をした宮平政子さんですので宜しくお願いいたします。

それと、昨年から石庭の拝観料として一人200円を頂いておりますので、事前に人数を伝えて石庭全体の地図を頂いて下さい。拝観料は、石庭の草木の手入れをして下さるボランティアの皆さんの昼食代など環境整備に充てて頂いておりますので、どうぞ、ご理解とご協力を宜しくお願いします。2015.4.17




Author Column

2004.01.18
出会い
2005.04.17
石の記憶
2005.10.28
天龍の台座
2006.04.01
人面石
2006.10.21
大調和
2007.02.25
エネルギー上昇
2007.04.20
天の岩戸開き
2007.11.08
宇宙電波塔
2008.04.08
進化する石庭
2008.10.13
神の導き
2009.03.30
石庭の守り神
2009.06.28
地球の未来
2009.11.20
地球のサークル
2010.04.03
エネルギーが変わった石庭
2010.10.29
穏やかになった石庭
2011.04.19
宮古島の預言者
2011.10.19
ガジュマルの神
2012.04.08
神がかり体験談
2012.10.27
大神島の啓示
2013.04.13
7冊目の新書
2013.10.17
新城定吉さんの体調
2014.04.01
11年目のご挨拶
2015.4.17
元気になられた新城さん
2015.10.9
自然の流れに身を任せる
2015.12.23
訃報
2016.4.5
静かな石庭

2017.3.26

太陽の塔



2004年に初めて私が訪れた日の前日に、船井幸雄さんが来られて新城さんといろいろなお話をしたそうです。そのあと、新城さんが、この「太陽の塔」の穴をご自身で埋められたそうです。濱本さんに、その意味を聞かれましたが、この内容は、ナイショです。