訃報


2015年12月24日、宮古島の石庭の持ち主である新城定吉さん(1921年12月5日生まれ)が亡くなられましたので、皆様にお知らせいたします。

(経緯)

2015年12月5日に、94歳の誕生日をご家族と迎えた後、呼吸が辛くなり、12月7日に宮古島市内の病院に入院されました。それまでは、ご本人の意識で、飲まず、食わずを続けていましたが、それでも生きていることを不思議だと語っていたそうです。そして昨日、天皇誕生日である12月23日 午前8:44 に、苦しむこともなくご家族に見守られながら静かに昇天されたことをご報告させて頂きます。

なお、今後の石庭訪問は、新城定吉さんの思いを尊重し、以前と変わりなく、多くの皆様が石庭のエネルギーに触れられるよう管理人を置いてお守りしておりますので、どうぞ、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

宮古島と新城定吉さんを心から愛し、尊敬している吉岡学より